skimemo


skimemo - 日記/2016-10-26/FirefoxのAdd-onのLocalizationをjpmでテストする

_ FirefoxのAdd-onのLocalizationをjpmでテストする

FirefoxのAdd-onのLocalizationをテストするとき、いちいち複数言語のFirefoxをインストールするわけにはいかない(面倒)。
なので、jpm runするときに様々な言語設定で起動する方法をメモします。

まずFirefox Add-onのLocalizationについてはここを読んでおく。
https://developer.mozilla.org/en-US/Add-ons/SDK/Tutorials/l10n#Using_Localized_Strings_in_Preferences

このドキュメントからは読み取れない注意点は以下の通り。

  • htmlファイルに適用する場合は、dataディレクトリ以下に無いとダメらしい。
    require("sdk/self").data.url("../test/foo.html")などとdataディレクトリ配下から出て指定しても、Localizationが効かない。
  • ${hoge}や{{hoge}}形式は今は使えない
    属性に指定したい場合は、以下のpostfixを付けることで展開される。
    accesskey
    alt
    label
    title
    placeholder
    例えばimgタグのalt属性を置き換えたい場合は、

    mypage.html

    <img src="hoge.png" data-l10n-id="hogeimage">

    xx.properties

    hogeimage.alt=hogeの説明
    などのようにする。

_ 本題

ちょっと脇道に逸れた。
で、任意のLocationのprofileを使い分ける方法は以下の通り。

  1. jpm runでまっさらな状態で起動する
    jpm run
  2. about:configを開き、「general.useragent.locale」を変更、日本語なら「ja」、英語なら「en-US」。
  3. ツールバー右端の「三」をクリックしてメニュー表示
  4. 「?」クリックでHELPメニュー表示
  5. トラブルシューティング情報を選択してトラブルシューティング情報ページを開く(こんなのあるんだ・・・)
  6. アプリケーション基本情報の「フォルダを開く」ボタンをクリック
  7. エクスプローラが開くので、開かれたGUIDのような名前のフォルダを適当な場所にコピー。このときファイルが使用中の旨のエラーが出るがスキップ。
  8. 適当な名前にrenameする。例えば「ff-ja.profile」。
  9. 一旦Firefoxを終了する
  10. プロファイルを指定して起動
    jpm -p [コピー先]\ff-ja.profile run
  11. テストしたいAdd-onで日本語のlocaleが選択されていることを確認

いじょ。

Category: [Windows] - 00:14:50



 
Last-modified: 2016-10-26 (水) 11:50:28 (1544d)